1. 無料アクセス解析

08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2007.05/12(Sat)

空から降ってきた絵本 vol.18

「ケンイチです。タナカケンイチです」

ドアノブを握った手が止まる。ケンイチくん?
身体ごとぶつけるように慌ててドアを開けた。

すると、そこには真っ白なカッパを着たケンイチくんが立っていた。
十数年ぶりの再会だけれど、一目見て彼が本物のケンイチくんだとわかった。

「やあ、トモコちゃん。久しぶり」一週間ぶりに会ったぐらいの軽い挨拶だ。

「う、うん、久しぶり・・」つられて私も軽い返事をかえす。

「あの公園に行こう」雨雲に覆われた空を見上げながら続ける。
「この雨は、しばらくやまないんだ」

あれから十年以上の時が経ち、この辺りにもたくさんの家族が暮らすようになり、
もう新興住宅地ではなくなった。
けれど、久しぶりに訪れた公園は、遊具の色が少し変わっているだけで、
ジャングルジムもシーソーも子供の頃のままだった。

懐かしい屋根つきのベンチに並んで座ると、
彼は私に向かって大きくなったねと、嬉しそうに何度も繰り返す。
私は、突然の再会に驚きと興奮で舞い上がっていたが、
ずっと言いたかった感謝の気持ちを伝えた。

「ケンイチくん。絵本、ありがとう。
 あの絵本をおくってくれたから、今の私があるの。本当にありがとう」

「うん」と、彼はニッコリと優しい笑顔でうなずく。

「あの絵本がきっかけで。私は少し強くなれて、
 そうしたら、自分のことも少しずつ好きになって、
 あの頃、苦手だった先生の言葉にも簡単に傷つかないくらいに強くなれて。
 クラスの皆とも仲良くなれて、不思議と本読みも大きな声で読めるようになって
 それになにより、かけがえのない友達が出来て」

「うん、うん」と、満足そうに笑顔で答える。

「それと・・・あの、あのね、実は、私、来週の日曜日、結婚するの」

彼は知ってるよ、という感じの笑顔でうなずいた。

「婚約者の彼もね『ケンイチ』さんていうの」

知ってるよと、深くうなずく。

「どうして知り合ったのかも、知ってるの?」

笑顔でもう一度深くうなずく。

この人は、本当にいつも私の幸せを願ってくれてたんだ、ずっと、ずっと。
涙があふれてきた、胸が詰まって、嗚咽で上手く喋れない。

「わたし、全部・・全部、ケンイチくんの、絵本の、おかげ、なんだよ・・」

困ったような、少し照れた笑顔でうなずく。

「あり、ありがと・・ね。ずっと、ずっと、ありがとうね・・」

ベンチに並んで座っていると、ケンイチくんの頭の位置は私の肩くらいの高さしかない、
その彼が一生懸命に手をのばし、私の頭を撫でてくれる。

十数年ぶりに会った彼を、一目見て本物だとわかったのは
真っ白なカッパを着ていたからじゃなく、
あの日と全く変わらない少年のままだったから。

少年のままのケンイチくんに頭を撫でられ、
大人になった私は肩を震わせ、ボロボロに泣いている。

どのくらいそうしていただろう。
ようやく泣き止んで嗚咽も落ち着いてきたころ
雨音も静かになってきた。

「雨がやむ」そう言って彼は立ち上がった。

遠くの雲の切れ間から光が差し込む。
私も立ち上がる。

切れ間から差し込む光がゆっくりと近づいてくる。
雨がやんでしまう。
私は思わず濡れたコンクリートに膝をつき、彼をぎゅっと抱きしめた。

「また、会えるよ」と彼は言った。

濡れた地面に太陽のあたたかな日差しが広がってゆく。
もうそこまで別れの時が迫っている

「そうだ。今度会った時、絵本のお礼に、私の作ったシチューをごちそうする。
 お母さん直伝のすっごく美味しいホワイトシチュー。
 子供の頃から大好きで、今は自分でも作れるようになったの、
 だから、大好きな人に食べて欲しいの。
 ケンイチくんがいつ来てもいいように常に準備しておくから、
 たくさん用意しておくから、心を込めて作るから。
 だから、だから、必ず食べに来てね。絶対にまた来てね。
 必ず、必ず、また、会いに来てね」最後の方は、声がかすれてしまった。

「うん、楽しみにしてる」ゆびきりをして二人で笑った。

雨が上がり、空に虹がかかると、あの時と変わらず、
ケンイチくんは虹を駆け上がっていった。
雲の向こうへ消えていく彼の後ろ姿に羽根は生えていなかったけれど、
天使はトシをとらないと、何かの本で読んだ事を思い出した。


日曜日、

結婚式当日は、朝から雨だった。

両親はついてないわね、と嘆いていた。

私とサキちゃんだけは密かに微笑んだ。

教会で永遠の誓いをして外へ出た。

もう雨はやんで、

青い空にとても大きな虹がかかっていた。


・・・おしまい
              作:まつざわゆきえとナカガワ
スポンサーサイト
14:24  |  空から降ってきた絵本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2007.05/06(Sun)

空から降ってきた絵本 vol.17

「恋ね」サキちゃんがつぶやき、私はあやうくココアをこぼしそうになった。

「間違いない。この絵本はラブレターだ」全ての謎は解けた、と宣言する名探偵のようにキッパリと言う。
「ななななぜ?どうして?」私はトリックを見破られた犯人のように動揺する。
「いい?、これを、書いた、男の子、ケンイチくんは、トモコちゃんに、恋してる」
ホントは区切って言ってるだけでまるっきり説明になっていないのだけれど、
大人が読む小説をたくさん読んでいるサキちゃんが言うのだから、
きっとそうなのかもしれない。と、激しく動揺していた私はあっさり納得してしまった。

「サキちゃん、私、ど、どうしたらいいの?」
「この絵本の事、誰かに話した?」
「ううん、誰にも・・・、あっ!ひとり、話しちゃった。間違えて、少しだけ・・」
その相手はどこの誰で、いつ何を話したかを事細かに聞いてくるサキちゃんは、
やはり探偵のようだった。

「う~ん、なるほど。でも、それくらいなら大丈夫だよ。もしもその人に会って、
 何か絵本のこと聞かれたら、人違いでしたもう解決しました。
 そう言えば嘘にもならないしそれで平気だよ」
「そ、そうかな?」
「そうだよ!それに、これはラブレターだよ。簡単に人に見せたり話したりしちゃ書いて
 くれた男の子に悪いよ、そんなの絶対ダメだよ!」
「うん」確かにそうだよね。悪いよね。
「でもね、女の子どうしはね。イイの」
「そうなの?」
「うん、そういうものなの」名探偵で大人だ。

それから私たちは色んな話をした。好きなテレビや芸能人、
お気に入りの洋服や文房具やお菓子やアニメやマンガのこと。
夕方になってお母さんが帰ってくるまで、
あっという間に時間が過ぎていった。

その日から、私とサキちゃんは毎日一緒だった。
雨の降る日は、あの公園に行っては二人で絵本を読んだ。
しかし、ケンイチくんが現れることは二度となかった。
やがて私たちも中学、高校と進んで、別々の大学へ入り社会に出た。
けれど、それぞれ忙しく過ごしても、私とサキちゃんの仲は変わらなかった。
その始まりとなった絵本を本棚から取り出すことはなくなっても、
あの日のことは、何より大切な思い出として、いつも私たちの心の中にあった。

<<ピンポーン>>

遠く思い出の世界に浸っていた私は、玄関のチャイムで現実に戻された。

<<ピンポーン>>

急いで階段を駆け下りて、ドアの向こうへ声をかける。
「はーい、どちら様ですか?」

「ケンイチです。タナカケンイチです」

・・・つづく
             作:まつざわゆきえとナカガワ
14:28  |  空から降ってきた絵本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2007.04/29(Sun)

空から降ってきた絵本 vol.16

私もありがとう、と答えて手をつないでウチへと向かった。

お母さんはどこかへ出掛けていて居なかった。
サキちゃんを私の部屋へ案内して、濡れた服をハンガーにかけ、
代わりに私のスウェットとバスタオルを渡した。
台所へ行くとテーブルの上に、
“おかえりなさい 2分チンして食べてね。 お母さんより”
と、書かれたメモとラップのしてあるレタス入りチャーハンがあった。
それをレンジに入れてタイマーを2分にセットしてスタートボタンを押した。
食器棚の下のカップラーメンなどが入っている扉を開けた。
ワンタンスープを探したけれど残念ながらなかったので、
野菜たっぷりコンソメスープにした。
それから、小さめのお皿を二つ並べてレンジから温まったチャーハンを取り出し、
レタスが平等になるように気を付けながら二等分して、二階のサキちゃんを呼んだ。

サキちゃんはいつもコンビニでパンかおにぎりかお弁当を自分で買って食べるそうだ。
週に一回だけだけど、自分で好きなものを買って食べるのはそれなりに楽しくて、
けっこう気に入っているらしい。
さらに色々なコンビニを回っているから、
おにぎりならこっち。から揚げならあっち。
パスタが美味しいのはあそこ。焼きそばならここ。
と、コンビニグルメ情報を教えてくれた。
サキちゃんがすごくオトナに見えた。

そんなサキちゃんがお母さんの作ってくれたチャーハンを褒めてくれた。
特にレタスがシャキシャキしててイケテル。
まるで私は自分が褒められたかのように嬉しかった、
二人で食べていると、私はいつもよりもっとおいしく感じた。
けど、一人前を二人でわけたのでちょっと物足りなかった。
なので、食器を片付けてから、台所を物色。
食器棚の扉を下から順番に開けていくと、
イスを使わないと手の届かない高さにある扉の中に、
キレイな箱に入ったバウムクーヘンを発見した。
それはスライスされた状態で1つずつ袋に入ってあり、ちょっと高級そうだった。
でも、大切なお客様をオモテナシするのだから、食べても怒られないだろう。
それに、サキちゃんはお母さんの料理を褒めてくれたし。
ということで、お湯を注ぐだけのホットココアを作り。
私たちはココアの入ったカップとバウムクーヘンを、
それぞれひとつずつ持って私の部屋へ行った。

ベッドを背もたれにしてカーペットに並んで座り、私はどうぞと絵本を差し出した。
サキちゃんはココアをひとくちすすると床に置き、
なぜか正座になって、丁寧に両手で受け取った。
しばらく表紙を眺めて、そうっと表紙をひらいた。

サキちゃんが絵本の世界に入って行くのを見送ってから、ココアをひとくち飲んだ。
するとなんだか妙にほっとして、不思議だなぁとしみじみ思った。
今日、雨が降って、白紙の本が絵本になって、ケンイチくんが現れた。
かと思うと彼はすぐに雲に飛びのってどこかへ消えた。
かと思うとサキちゃんが現れて、泣いて笑ってご飯食べて、
今、私の部屋で空から降ってきた絵本を読んでいる。
胸のあたりがポカポカして、おしりのあたりがムズムズする、
この不思議な幸福感はいったいなんだろう。
たぶん、甘いココアとひと味違うバウムクーヘンのせいだけじゃないはず。

絵本はとても短いお話なのですぐに読み終わる。
サキちゃんは何度も読み返しては「う~ん」と唸っている。
やはり、サキちゃんもお話の意味をはかりかねているようだ。
何かもっとヒントとかあればいいのに、他に何か・・・。
私は、あっ、と思い出して机の引き出しにしまってあった紙切れをサキちゃんに見せた。
“雨のふるひによんでください。いつもあなたの幸せを願っています”
あらためて読むとかなり恥ずかしい。
しかも、初めて読んだときはどんな人が書いたのか分からなかったけれど、
さっきのあの男の子が書いたんだと思うと、妙にドキドキしてしまう。

「恋ね」サキちゃんがつぶやき、私はあやうくココアをこぼしそうになった。

・・・つづく
              作:まつざわゆきえとナカガワ
04:48  |  空から降ってきた絵本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2007.04/25(Wed)

空から降ってきた絵本 vol.15

思いきり鼻声だったけれど、消え入りそうな声じゃなくきちんと話せた。

さっき、サキちゃんは何度も謝っていたけれど、
サキちゃんが私を追いかけてきてくれたから、一緒に信じられない光景を見れて、
そのおかげで絵本が空から降ってきた、なんて話もすんなり信じてもらう事が出来た。

でも、サキちゃんに会わないことを都合良く思っていた。
と、話すときにはやっぱり言葉に詰まってしまった。
「・・・あの、ホントに、ごめんなさい・・・」
また泣きそうになったけれど、なんだかズルい気がして必死に堪えた。

私は黙ってサキちゃんの言葉を待った。
サキちゃんの顔を見れなくて、
つないだままでいる二人の手をじっと見ていた。
今にもこの手を振りほどかれてしまうんじゃないかと思うと恐かった。

サキちゃんはうつむいたまま動かず、黙ったままだった。

風が吹くと少し寒い。
服が濡れているサキちゃんはかなり寒いんじゃないかと心配になった。
けれど、何も言えずに黙って風に吹かれていた。

遠くから幼い子供のはしゃぐ声と、それに応えるお母さんの声が聞こえてくる。
私は視線を上げてそちらを見ると、公園前の車道をハンドルに取り付けられたイスに子供を乗せた自転車が走って行く。
曲がり角の手前でベルを二回鳴らすと、それにあわせて子供が弾けるように笑う。
お母さんがその笑い声になにか応えている。
しかし、その姿はすぐに曲がり角の向こうへ消えてしまい、
声も次第に小さくなっていった。

その親子の声が完全に聞こえなくなると、
突然サキちゃんが「うん」と言って握る手に力を込めて、顔を上げ私を見た。
目が合うとサキちゃんはフフッと笑った。
私はびっくりしながらも、もう一度「ごめんなさい」と謝った。
サキちゃんはもう一度「うん」と言って笑ってくれた。
私は堪えていた涙がこぼれ、泣きながら笑った。

しばらく泣き笑いしてるうちに、だんだんと涙のほうがひっこんでくると、
なんだか急に照れくさくなってきた。
フフフとかへへへとかいって、思わず手をつないだまま鼻の下を手の甲で拭くと、サキちゃんが「つめたっ」と言った。
顔から離した手と私の鼻のあいだに、太陽を反射してキラキラと輝く鼻水が伸びていた。
私はあわてて鼻をすすり、二人顔を見合わせ、一瞬の沈黙のあと、二人同時に爆ぜるように笑った。
勢いあまってベンチの後ろに二人揃って落っこちそうになり、
お互いの体をつかみ合いささえ合い何とかこらえた。
それがまたおかしくて、二人で大笑いした。
その拍子に、膝に乗せていた絵本を落としてしまい、私はあわてて本を拾いあげた。
「ねえねえ、それが空から降ってきた絵本?」
「うん、そうだよ。見る?」
「うん、見たい」
「良いよ。あっ、けど、サキちゃん寒くないの?」
「さっきちょっと寒かったけど。笑ったら熱くなってきちゃった。だから大丈夫だよ」

でも、サキちゃんの洋服は乾いてないし、風はまだ吹いている。
私は思いきって言ってみた。
「ウチ、すぐそこなんだけど。絵本、ウチで読まない?」
「えっ?トモコちゃん家?」
「うん、そう。ウチでゆっくり読もうよ」
「う~ん、でも・・・」サキちゃんは自分の濡れた服を触りながら言う、
「大丈夫、私ならここで平気だよ」
その時、二人の背後から突然強い風が吹きつけてきて、二人して首をすくめた。
「ねっ、行こう」
私は立ち上がり絵本を左腕の脇にはさんでその手で傘を持ち、あいてる右手でサキちゃんの手を引っ張って立ち上がらせた。
そうして、もう一度「行こう」と言って歩き出した。
サキちゃんは「うん、ありがと」と言って歩きだし、私の傘を持ってくれた。
私も「ありがとう」と答えて、手をつないでウチへ向かった。

・・・つづく
             作:まつざわゆきえとナカガワ
00:47  |  空から降ってきた絵本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2007.04/21(Sat)

空から降ってきた絵本 vol.14

けれど、もう言葉は出てこなくて、かわりに涙がこぼれ落ちてきた。

こぼれたしずくは手の甲をつたって滑り落ち、膝にのせた絵本の表紙にシミを作った。
涙で濡れた部分だけ赤色が濃くなり、溢れてくる涙が表紙を赤黒く染めてゆく。

サキちゃんはごめんなさいを繰り返す。
首を振ってそうじゃないと答える。
けれど、その態度が逆に怒っているように見えてしまい、
さらにサキちゃんを追い込んでしまう。

ちゃんと言わなきゃ。
本当に悪いのは私なんだって、謝らなきゃいけないのは私の方なんだって。
ちゃんと伝えなきゃ。

しかし、その想いとは裏腹に、弱虫な私はただ黙って涙をこぼしている。
そんな自分が悔しくて、さらに涙が湧いてくる。
時速300キロで押し寄せてはすべてをさらってゆく、
津波のような感情に飲み込まれ、頭の芯がしびれてくる。

まるで、遥か沖まで流されてしまったみたいに、
サキちゃんの声が遠くにいるように掠れて聞こえる。
でも、現実にはすぐ隣にいてごめんなさいを繰り返している。
なのに、遠く掠れて聞こえるのはごめんなさいが泣き声になっているせいだった。

  サキちゃんが泣いている。

それに気付いたとたん、
私はそれまで固く握りしめていた手をほどき、
その手を伸ばしてサキちゃんの手を握った。
ごく自然にそうしたけれど、私はまったく無意識で、身体が勝手に動いていた。

急に手を握られたサキちゃんは驚いていたが、
急に手を握った私のほうがもっと驚いていた。

サキちゃんの手はすごく冷たくて、思わず両手で包むように握った。
するとすぐに手を握り返してきて、もう一度ごめんねと言った。

私は再び首を横に振り、握る手にさらに力を込めて言う。
「違うの。ホントに謝らないといけないのは私のほうなの。ごめんなさい」
そうして、数週間前にこの公園で空から降ってきた絵本を拾ってからの事を全て話した。
手を握っていると不思議と普通に話すことができた。
思いきり鼻声だったけれど、消え入りそうな声じゃなくてちゃんと話せた。

・・・つづく
             作:まつざわゆきえとナカガワ
03:41  |  空から降ってきた絵本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。