1. 無料アクセス解析

10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.05/03(Sat)

チェレステ vol.4

「蟹のペペロンチーノになります。ごゆっくりどうぞ」
目の前に置かれたお皿から、たまらなくイイ香りがする。
蟹のほぐし身がまんべんなくパスタと絡んで、
小さく刻んだピーマンの緑と、輪切りの唐辛子の赤が鮮やかだ。

「いただきます」フォークにパスタを巻きつけ勢い良くほおばった。

美味い。
あっさりとした塩味に蟹の旨味がとけこんでいる。
ピーマンの歯応えと、あとからくる唐辛子の控えめなピリ辛加減が絶妙だ。
めちゃくちゃウマい。
特別パスタ好きってわけじゃないけど、これはホント止まらない。
あっという間に平らげてしまった。
幸せな時間が過ぎるのはいつだって早い。
僕はグラスの水を一気に飲み干した。

「お口には合いましたか?」いつの間にか厨房から出てきてた小熊のオジさんが、
空になったグラスに水を注いでくれた。

「あ、ハイ、スッゴイおいしかったです」

「そう、それは良かった」オジさんは満足そうにニッコリと微笑み、
「いい自転車に乗っているね」と、窓の外の僕の自転車を見ながら言った。

「あっ、ありがとうございます。知ってるんですか?ビアンキ」

「もちろん、イタリアが世界に誇るブランドのうちの一つだからね」

「あの、もしかしてイタリアに住んでたんですか?」
僕は壁の写真を視線で指さした。

「ん、ああ、そう若い頃イタリアへ料理の修行にね」
オジさんは懐かしむように目を細めて写真を見た。

「君は今、いくつ?」

「15です」

「そうか、それじゃオジさんがイタリアへ行ったのと同じ年だ」

「えっ!マジですか?ひとりでですか?」

「もちろん、一人で」

「それは・・・、スゴいです」
レストランにひとりで入る。
ただそれだけでちょっぴりオトナな気分になっていた。
そんな自分が猛烈に恥ずかしい。

「ところで、ビアンキって今、若い子の間で流行ってるのかい?」

「え、いや、わかんないですけど、なんでですか?」

「ついこの前も、常連のお客様が娘さんにせがまれて
 高校の通学用にビアンキを買ったって言っててね」

高校通学用のビアンキ。
思わず前傾姿勢になる。

「そ、それはクラッシックな感じのヤツですか?
 赤色の昔の郵便配達っぽい感じのヤツですか?」

「いや、そこまではわかんないなぁ。おい、どんなのか知ってるか?」
奥を振り返りグラスを拭いている女性に確認する。

「四ノ宮さんとこのさくらちゃんでしょ。さあ、私もどんなのかまでは
 知らないけど、そういえば色は赤だって言ってたわね」

高校通学用の赤いビアンキ。
シノミヤさんとこのサクラちゃん。
僕はさらに踏み込む。

「そ、そのお客さんはよく来られるんですか?」

「そうだね、多い時で週に二、三回。
 少なくとも月に一度は必ず来て下さるね」

「この近くの方なんですか?」

「いや、確か・・」と、オジさんが教えてくれたのは、
ここからは少し離れたとこにある有名な高級住宅街だった。

「でもあれよ、さくらちゃんは昔テレビのドラマかなんかで見たのと同じ
 のが欲しくて、それでずいぶん前から決めてたみたいよ」

「そうか、それじゃあ単なる偶然か」

それからしばらく二人と話をしたけれど何を話したかよく覚えていない。
最後にオジさんに、ホントおいしかったですと言って支払いを済ませた。
二人はまた来て下さいねと笑顔で送り出してくれた。

僕は自転車のロックを外しながら考える。
単なる偶然と、運命の出会い。
その見分け方ってあるんだろうか?

・・・つづく
                      作:ナカガワマサヒト
21:51  |  チェレステ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.04/24(Thu)

チェレステ vol.3

全然、違った。
僕はロードバイクというものを侮っていた。
ママチャリとは全く別の乗り物だった。
スピードにノった時の爽快感はまさに風を切って走る感覚。
昼間は街を走り回り、夜はネットでロードバイクのサイトを見て回った。

日ごとに走る距離は伸び、スピードは上がった。
足はもちろん腕も筋肉痛になり、ケツもかなり痛かった。
けれど、疾走感の気持ちよさが勝った。
入学式の前日も風を切る快感を味わうため、
朝からあてもなく走り回った。
気付くと時計は昼の二時をまわっている、さすがに腹が減った。

近道をして帰ろうと、
なんとなくの方向感覚を頼りに知らない路地を曲がり、
見知らぬ住宅街を右へ左へと進んだ。
しばらく走ると、前方に緑と白と赤に塗り分けられた
イタリア国旗がはためいているのが見えた。

速度を落とし、ゆっくりと近づいた。
香ばしいニンニクの香りがする。
思わず自転車を止めたそこは、
とても小さなイタリアンレストランだった。

小さなイタリアから漂ってくる香りが鼻から胃に届く、たまらず腹が鳴った。

入り口脇に立てかけられた黒板のメニューに目をやると、
ランチパスタ770円と書いてある。

財布を探ると所持金790円。
自転車を降り、メニューに近づき、税込みの文字を確認。

店の前にある二台分ほどしかない駐輪スペースに自転車を停めて、
しっかりワイヤーロックをかけた。

ドアに吊られた看板を見る、

『nido』

レストランに一人で入るのは初めてだ。
ちょっとドキドキしながらドアを引いた。

「いらっしゃいませ、何名様でしょうか?」
女の人がニッコリと迎えてくれた。

「ひとりです」

「お一人様。こちらの広いお席へどうぞ」
と、四人掛けのテーブルに案内された。

奥に細長い店内は四人掛けのテーブルが二つと、二人掛けが三つ。
とても小さな店で、僕の他に客は居なかった。

さっきの店員さんが、水とおしぼりを持ってきてくれた。
「ご注文がお決まりになりましたらお呼び下さい」

すでに、入り口のメニューを見て決めていた僕は、
蟹のペペロンチーノを注文した。
店員さんが奥の厨房に伝えると、かしこまりましたと男性の声が聞こえ、
小さな熊のような風貌のオジさんが見えた。

お客が自分一人しかいないせいか、逆に落ち着かない、
水をひとくち飲んだ。
入り口脇の大きな窓から僕のビアンキが見える。
やっぱカッコイイ。

改めて店内を眺める。
所々にキレイな花や、観葉植物が置いてあり。
白い壁には、額に入れた写真が数枚飾ってある。

手持ち無沙汰の僕は、立ち上がって一枚ずつ見た。
どこかの外国の街並が写っている、やっぱりイタリアなのかな。
他にも、厨房で日本人の若い男性と外国人の男性が肩を組んで笑っているものや、
その日本人の男性が料理を作っている横顔を捉えたモノクロ写真もある。
もしかして、さっきチラッと見えた小熊のオジさんの若い頃だろうか。

「お待たせ致しました」
女性の店員さんに声をかけられて、僕は席に戻った。

・・・つづく
                       作:ナカガワマサヒト
23:41  |  チェレステ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.04/22(Tue)

チェレステ vol.2

ロードバイクは速く長距離を走るために作られた乗り物のため、
その目的以外の不必要なものはすべて削ぎ落とされている。

普通の自転車に付いているような、カゴやライトやスタンドなどは付いていない。
それらは必要に合わせて購入することになる。
僕はライトとスタンドとベルをお願いした
ツナギのお兄さんにそれらの取り付けと整備をしてもらう。
ロードバイクは普通の自転車と比べてかなり細いタイヤを履いているから、
わりと簡単にホイールが歪むので気をつけるように言われた。
ほかにも色々と注意事項やメンテナンスの仕方など教えてもらった。
色に惹かれ軽い気持ちで選んだけれど、どうやらロードバイクって奥がとっても深いようだ。

両親は先に車で帰り、僕は整備を終えたロードバイクにまたがった。
詳しいことはさっぱり分からないけれど、
初めての前傾姿勢に戸惑いつつもその特別さに胸が高鳴った。

お姉さんが店の前まで見送りに来てくれた。

「あ、そうそうあの坂道ねギア付きでも登りきれないから」

「は?」

「あの坂、長いでしょ最後角度キツいでしょ。
 ギア軽くしても最後の頃にはイキオイ死んでてムリなんだよね」

「ギア意味ないじゃないすか」

「足腰ガツンと鍛えたらいけるんじゃない?
 まっ、今のとこ誰も登りきったことないけど」

「何でそんなこと知ってんすか」

「だって、私こないだあの高校卒業したとこだから」

「え、そうなんすか?」

「ええ、そうなんすよ。じゃ気を付けて帰んなよ簡単にコケないようにね、
 自転車も、恋も」

「なんすか恋も、って」

「ウチは年中無休で夜11時までやってるからさ。
 このサカイ先輩にいつでも恋の相談においで」

「来ませんよ」

「ふふ、まっ、とにかく頑張んなよ、少年」

「帰ります」

僕はぎこちなくペダルを踏み込んで、ゆっくりと走り出した。

・・・つづく
                       作:ナカガワマサヒト
00:35  |  チェレステ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.04/06(Sun)

チェレステ vol.1

春からの高校進学にあわせ、自転車を新しく買い替えようと
僕は両親と大型の自転車販売店へ出かけた。

店内は吹き抜けのある二階建てでかなり広々としている。
入り口正面の一番目立つ場所に『春のフレッシュマンフェアー』と書かれたボードが壁に掲げてあり、その手前にズラッと色とりどりの自転車が並べてある。
その中に、店長イチ押しという人さし指をたてたデザインのポップが付いている自転車があった。
きっと、混雑した自転車置き場に停めたら、再び見つけるのはかなり困難だろうと思える、何の特徴もない自転車だった。けど、自転車なんて何でもいいんだからこれでいいやと思い、
両親を探すとなぜか二人は電動アシスト自転車のコーナーを熱心に見ていた。

まあ、せっかく来たんだからと店内を見て回ったが、
一階にあるのはママチャリと子供用自転車ばかりで5分と時間がつぶせなかった。
両親はまだアシスト自転車に夢中だ。
しかたなく二階へ上がると、そこは間接照明で明るさを抑えてあり雰囲気が違った。

そこに置いてある台数は少なくて、それぞれ充分なスペースをとって展示してある。
ほとんどが10万円以上するものばかりで、なかには100万円を超えるものもあって、
笑えた。

その中の一台に目がとまった、形はよくあるドロップハンドルのロードバイク。
ここに並んである自転車の半分以上がこの形だ。
僕が惹かれたのは形ではなく、色。
それはくすんだような薄い緑色。
その初めて見る不思議な色に吸い込まれるように自転車に引き寄せられた。
フレームには
『Bianchi』
と、書いてある。

「ビアンチ?」
「ビアンキ!」
クイ気味で背後から訂正された。

振り向くと、ここの店名『リンダリンダ』のロゴが胸にプリントされた
エプロンを着たお姉さんが立っていた。

「ビアンキって読むの、イタリアの老舗ブランドよ」

「ビアンキ、イタリアの」

「どう?キレイな色でしょ。これはねチェレステって言う色で、
 イタリア語で青い空って意味。まっ、空色ってことね。
 このブランドのシンボルカラーなの」

「キレイですけど、空色って感じしないですよね。淡い緑色にしか見えない」

「そう、アタシもそう思う。でもね、ホントかどうかわかんないけど、 毎年イタリアの職人がミラノの空    を見てこの色を調合してるって、だから毎年微妙に色が違うんだって話を聞いたことがある。それがホントなら、実はイタリアの青空ってこんな色なのかも。まっ、行ったことないから分かんないけど」

僕はこのイタリアの空に無性に惹かれた。
しかし、店長イチ押しが五台は余裕で買える値段が付いていた。

「君は高校生?」

「はい、この春からですけど」

「どこの高校?」僕は四月から通う高校の名前を答えた。

「じゃあ、ギア付きのほうがいいね」

「え、なんでですか?」

「だって校門の前に坂道あるでしょ」

「あっ」
そうだった。

「あの坂ね、のぼり始めはゆるやかなんだけど後半角度がキツいんだよね。
 しかもやたら長いし」

「そうなんですか」

「そういえば、さっきの女の子もキミと同じ学校だよ。えっとね・・」
そう言いながら一階を見下ろせる場所へ移動するお姉さんの後をついていく。

「ほら、あの子。今、レジカウンターの横にいる女の子」

カウンターの横にちょっとクラシックな感じがする赤い自転車があり、
その横に女の子が立っていて、しゃがんで作業するツナギを着たスタッフとなにやら話している。

女の子は少し下を向いていて、
茶色がかった長い髪が頬にかかり顔がよく見えない。

ジッと見ていると、彼女がふいに顔を上げた。
小さな顔の大きな目が僕を見た。

目と目が合った。

息が止まった。

僕は視線を外せなかった。

しかし、彼女はあっさりと隣に立つお姉さんに視線を移して、
笑顔で手を振った。

お姉さんが彼女に手を振り返しながら僕の耳元でささやく。

「あの子ね、春からキミと同じ高校の、同じ一年生。
 さらに、あの赤い自転車は、今キミが見てたのと同じ、ビアンキのもの」

僕は、まだ息が止まったまま彼女を見ている。
黙ってお姉さんの言葉にコクリとうなずく。

「たぶん他にいないと思うよ、あの学校でビアンキに乗ってる子は」

彼女は自転車を押して出口まで行くと立ち止まり、
ツナギのスタッフの人にお辞儀をして、それから再びこちらを見上げて、
もう一度、笑顔で手を振った。

お姉さんが手を上げて応える。
彼女が新しい自転車にまたがり走りだすと、すぐに見えなくなった。

「ま、たしかにちょっと高いよねぇ」

ようやく呼吸を取り戻した僕は、再びイチ押し自転車五台分の値札をみた。

「でも、これに乗ればお近づきになれると思うけどなあ、きっと」

僕は一階の両親のとこへ飛び、ビアンキという伝統あるイタリアの老舗ブランドがいかに素晴らしいか、その自転車がいかに優れているのかを、
想像力だけで1時間熱く語り、さらに半年間小遣いナシで構わないという捨て身の条件を提示して、なんとか両親の説得に成功した。

母さんは「フミオがこんなに一所懸命な姿は初めて見たわ」と、涙ぐんでいた。
母さんは昔から大袈裟なところがある。

その様子を二階から見ていたお姉さんが、深くうなづきながら僕に向かって親指を立てた。


・・・つづく
                       作:ナカガワマサヒト
17:29  |  チェレステ  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
2008.02/26(Tue)

連 vol.3

犬が飼われていた家はとても裕福な家庭だった。
まだ若い父親と優しい母親、子供はとてもかわいい女の子が一人の三人家族。
犬は元々、父方の祖父に飼われていたが祖父の死後、この一家が飼うように
なった。家族は皆、年老いた犬を大事にしていた。
特に娘はこの犬と一緒に住めることを喜んだ。

ある日の午後、庭で娘が遊んでいると突然悲鳴が聞こえてきた、部屋で本を
読んでいた父親が慌てて外へ飛び出した。父親の足元でうたた寝していた犬
も遅れて駆け出した。けれど、犬の鼻先で玄関のドアは閉まってしまった。
外からは主人の怒鳴り声と娘の悲鳴が聞こえてくる。
その中にバサバサという鳥の羽音と低い鳴き声が混じっていた。
犬は言いようのない不安を感じドアの前でグルグルと回り続けていた。
ふいにドアが開き、頭や顔から血を流した娘が泣きながら飛び込んできた、
続けて父親も倒れ込むように入ってきた。
父親は右目を片手で押さえもう片方の腕で娘を抱き大声で妻を呼んだ。
目を押さえている指の間からは大量の血が流れている。
母親は夕飯の買い物に出掛けていていない。娘は父親にしがみつき震えなが
ら泣いている。父親は何度も妻の名前を大声で呼び続けた、右目からは赤黒
い血が流れ続けている。
騒ぎを聞いて駆けつけてきた隣人が救急車を呼んだ。その間、犬は父親と娘
の周りをオロオロするだけで、なす術もなく情けない声で鳴いているだけ
だった。

父親は眼球を一つ失なった。娘の怪我は大事には至らなかったが顔に大きな
傷が残った、娘は外へ出ることを極度に恐がり、学校へも行かず部屋から
一歩も出なくなり、まったく笑わなくなった。
そして父親と母親はいつも喧嘩をするようになった。
その日、いつにもまして二人は激しい口論を始めた、犬はまたしても情けな
く鳴きながら二人の間をウロウロしていた。
母親が発したある言葉に父親は激昂し、母親に掴み掛かろうとした。
しかし片目のためバランスを崩してつまづいた。勢いよく床にうつ伏せに倒
れた父親は、何かをわめきながら床に頭をガンガン何度も叩きつけた。
犬は父親のそばへ行き小さく鳴いた。その瞬間父親は俊敏なケモノのように
身体を起こし、犬の首輪をつかんで引き寄せた。主人の額から血が流れてい
た、唯一残された左目の焦点はどこにも合っていない。両手で犬の顔
を強く挟んだ。
呻くような叫び声をあげて親指を犬の両目に深く突き刺した。

明くる日の朝、父親は犬の目を潰したことを娘に隠すため、
散歩の途中に逃げ出したことにして犬をこの山に捨てた。

話し終えると犬は大きく息を吸い込んで苦しそうに吐き出した。

カラスは思い出した。麓の町にある一番大きな家の庭で遊んでいた
小さな女の子を襲ったこと、助けにきた父親の目玉を一個えぐり取ったこと。

ただの黒い二つの穴となってしまった犬の目を見て、
父親の、もう片方の目もえぐっておくべきだったと思った。

ただ、カラスはもっと犬と話がしたかった。
だから、犬に元気になって欲しくて、
遠くまで行って集めてきた新たな食料を犬に食べさせようと、
犬の側を離れたその時、乾いた破裂音と共にカラスの頑丈なクチバシが
粉々に砕け散りカラスは後ろへ吹っ飛んで地面に転がった。
慌てて体勢を立て直し、音のした方を見ると林の向こうに
片目の父親が銃を構えて立っていた。
その父親の足にしがみつきながら娘が犬の名前を大きな声で呼んでいる。
その二人の後ろには先程追い返した三人の子供たちが見えた。

カラスは舌も千切れて上手く鳴けない、それでもカラスは犬の前に立ちはだ
かり翼を広げた。二発目の銃声で左の翼の先端三分の一が吹き飛び、
またしても地面に転がった。後ろで横たわる犬は自分の名前を呼ぶ懐かしい声に向けて
必死で耳を動かしている。
それを見たカラスは犬から離れた。三発目は外れた。

銃声と子供の叫び声が山にこだまする。
だが、カラスには何も聞こえていなかった。
ただ、海を見たいと思っていた。
再び犬を見ると、もう耳は動いていなかった。

カラスは海を目指し飛び立った。
そこへ四発目の銃声が響き、
右の翼の下半分を吹き飛ばし、漆黒の羽根が舞い散った。
カラスは墜落しそうになりながらも必死でイビツな翼を羽ばたかせ、高く飛んだ。

娘は犬を全身で抱きしめた。

父親は弾が尽きるまで銃を撃ちまくった。

カラスはもうどこにも見えなかった。



              作:ナカガワマサヒト
17:03  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。